曲に認識を付けているのは誰なのか

作家同士の組合せは、化学反応を起こすため、今までになかった調和が生まれたり行う。
組合せの筆頭曲といえば、チャリティーソングの「We are the world」でしょう。
30他人以上の有名人作家による組合せは、世界中の人々の心に響き、現在も色褪せる仕事場のない名曲だ。
ところで、作家欄でよく見かける「feat.(フィーチャリング)」の考えをご存知でしょうか?
作家言い方に「A feat. B」って表記されている曲は、ほとんどAが中枢ボーカルになっていて、Bが立場ボーカルとして味わいを出しているものがほとんどです。
詰まり「Aの曲にBが参加している」って、理解しているのではないでしょうか。
ここで、feat.の語源でもある「feature」において考えてみましょう。
featureは「うり」に関してで、動詞のfeaturingは「うりづける」に関してになります。
その為、「A feat. B」はAにBがうりをつけているとなり、Bの方が重要な効用と考えるのが順当だ。
音響世界では、作家それぞれの判読にて考えを定義している。
規則正しい考えよりも、大きく知られている意味のほうが世人的には「ふさわしい」といえるのかもしれません。

曲に認識を付けているのは誰なのか