台湾から帰国したといった実感する一瞬

台湾に行き、ぼくが和風から来たという分かると、およその者が「和風は町が美麗ですね」とか「軒並み親身ですね」と言います。そう言われるのは日本に住む奴にとっては嬉しい事なのですが、一方で違和感を感じてしまう。
たとえばぼくは台湾で地下鉄や風呂に乗じる機会が多くあります。そうして物珍しげに展望を見ていると、ティーンズ・年配者の区別なくぼくに座席を勧めてくれたり、展望が一心に窺えるパーツを譲ってくれたりします。ここでぼくは40代のどこにでもおるような普通の中年だ(笑)。人気のレストランで長い列に並んでいるステージ、ぼくがツーリストであると気づくと、店員がニコニコと手招きして先に通してくれます。それも仲よしは不愉快外見ひとつしていません。あんな貯金は日本では全くないので、軽々しい落胆とともに有難いやら気まずいやらで、恐縮しつつ台湾のヒトの好意に甘えている。
地下鉄や風呂、エレベーターやおところの出入りで見抜くのですが、必ず出ようとする者がいなくなってから皆さんが入り(乗り込み)ます。当たりまえの使用ですが、私のいる町では地下鉄の乗り降りでは、ドアが開くと同時に立ち去る者は降り損ねないように必死に人混みをかき分けます。一方で乗りこむ者は我先に空いた座席に座ろうと張り合います。台湾の地下鉄のように人だかり時でもプライオリティ座席が空いているなんてことは思いの外目にしません。
私の目にはツーリストに親切で、他人に自然な気遣いができるのは台湾者であり、他人を押しのけて自分勝手にふるまうのは邦人のように思えます。これは至極心残りことです。帰国して飛行場で風呂に乗りこむという乗員氏が「発端近所で立ち止まらないで下さい」とのTVCM。但し邦人のツーリストは下車しやすい発端近所に陣取っている。「あー、日本に帰ってきたんだな」といった実感する際だ。せふれを今スグ作る!安全で簡単にせふれを探して作る方法とは?

台湾から帰国したといった実感する一瞬