予行入園に向けた幼稚園視聴を終えて

最近、近々2歳になるお子さんといった夫人って3ヤツで、近くの幼稚園視聴に出かけた。今は予行入園という原理があるらしき。3年からの本入園の通年前から、月に数回かようという、言わば事例実習的ものだ。幼稚園によっては、予行入園が本入園の制約になっているフロアもあるらしき。
視聴した幼稚園は2つで、一つはリバティー闊達な考え方で、ともすれば放任ポリシーとも映るフロア。もう一つは、仕組という規則を重んずるフロア。
一つ目は、医者や人員の手法の素振りもすごく貰いが良く、園児もとことんやる印象を受けた。昔ながらの金持ちが園長として運営していて、園長自身がものすごく息子フェチだということが伝わってきた。
次は、素振りも堅苦しく、その割合扶養がほとんど行き届いていなかったりという、いまいちムードは可愛らしくなかった。ただ、医者が「座って」と号令をかけるという、最新の幼稚園とは違って、自身敢然と言うことを聞いていた。目下、小学生低学年から学級崩壊もののことが起こっているとも言われているので、そういった練習考え方の幼稚園は、それはそれで有効なのかなという気もした。
予行入園の申し込みは今年の10月頃とのこと。じっと夫婦で話し合って決めたいという。どうぞご覧ください

予行入園に向けた幼稚園視聴を終えて