コミック、アニメ、娯楽の作風に扮してなり着るもの

いきなりだが皆さんは変身というのを知っているだろうか。変身はコミック、アニメ、娯楽の作風に扮してなり着るものである。それをやる人様をコス奏者というのだ。コス奏者になるには単に免許等はない。大体の人様は自分の好きな時に始めておる。私もその1人様です。僕が変身に目覚めたのはハイスクールのうちです。当時は僕はコミック絵部という部活に入ってあり、3年生の学校祭で変身をする項目になったのだ。僕はその時PC娯楽の東方Projectにハマってあり、娯楽のヒーロー人材の自らある霧雨魔理沙という人材のコスをした。学校祭当日には色んな人から魔理沙です!といった注目を浴びていた。しかも学校祭の閉会バージョンにはまさかの変装をしたまま舞踏をする項目になり、これまた全校学徒から注目を浴びた。その後しばらくしてソーシャルネットワーキングサービスで知り合った仲良しがコスプレイベントに行くと聞いて、私も参加する項目になった。この時はコスを現す自信がなかった結果、一切で参加することになった。初めてのコスプレイベントは本当に夢の世界の感じた。仲良しと共にいたコス奏者君も果たしてよろしいあなたで一際輝いていた。この時私も変身をしたい!と再び感じた。但し変身はお金が要る物質。まったくパートすらしてなく、父母のへそくりで変身をやるのは申しわけないと思い、行ない始めてから変身をしようと決めていた。そうしてその後コス奏者になって今回にいたる。まったく喋りたい事はあるが今日はここまでとしておこう。次回をお楽しみに。但し次があるかは私のパワー次第である。http://hat.achoo.jp/

コミック、アニメ、娯楽の作風に扮してなり着るもの